<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

その後…

ずいぶんと旅行記の更新ができなかったわけで…
もう六月なわけで…

ワールドカップが熱いわけで…
レイソルが勝ってるのも嬉しいわけで…


ちゃちゃっと書いちゃいます汗


<西双版納ダーモンロウ編>

なんせゴールデンウィークっていう限られた時間しかないもんで、行ける場所にも限りがある。。
版納ではどう考えても、もうあと一箇所しか行けないので、厳選して考えている日本人2人しょんぼりそこに、オランダ人のダーモンロウがいいよっていうゴリおしが。。その辺の中国人誰に聞いても、みんな口をそろえて、「行くのも大変だし、面白くないよ」というその場所にナゼかすごい行きたがる。。たらーっ
半ばウンザリしながらも、仕方なく付き合うことに。

片道バスで四時間。。日帰りコース決行。。バス路線バスだから15元(約250円)っていう安さはいいんだけど、なんせ道が悪い撃沈カンボジア以来の凸凹道に、日本人女子2人は、バスの窓にガンガン頭をぶつけながらもフテ寝猫2てか、爆睡。。それを見たオランダ人Rは、「こんなジェットコースターみたいな悪い道でよく寝れるね冷や汗日本の女の子はたくましい。。」と感心してた(笑)間違ったイメージがついてないことを願うばかり。。豚

ダーモンロウに到着。
何もないのどかな風景がひろがる。。案の定、観光客らしき人は1人もみあたらないたらーっでもそのせいか、観光地化されてなくて居心地がすごくいいニコニコあぜ道を歩いていると、みんな気さくに、なぜかハロー♪と話しかけてくる猫2


お寺に通じている、長い長い階段を三人で登るジョギング
誰もいない静かな階段を、ゆっくり一歩また一歩。。喧騒がまるでなく、別の世界への入り口のようぴかぴか門をくぐると目の前に白い塔が現れた


風が吹くと、風鈴の音のような音が辺りに響き渡り、時を忘れるくらい、とても神秘的な空間が広がっていたよニコニコこんなにステキな所を3人占めできて幸せだったなぁポッ


お経も、タイ語なのかラオス語なのか。。猫2これでここが中国だって言うんだから、ほんとに不思議びっくり

お寺から村に下りて行くと、小さいだけに「本物の日本人が来たっ」っていうウワサがすでに村中にたらーっおいちゃんが、原チャに乗りながら嬉しそうに「おまえさんたち日本人かい?福原愛を知ってるか?」って話しかけてきたwなんのこっちゃ?っと思いながらも、「うんラッキー」って言うと、満足げにその場から去っていった。。きっと、あのおいちゃんは本物の日本人と話したことを自慢してるに違いない。。イヒヒ

そんなこんなで、いやいやながら来たダーモンロウだったけど、大いに満喫した日本人2人組み[:ふぅ〜ん:]Rに頭が上がらないのでした。。。


<昆明 石林編>

版納から昆明に戻ってきたYりんとミーは、さっそくK君と合流飛行機Rとも昆明でまた合流する予定だったけど、結局会えずじまいで、1人行方不明のHさんも含め心配しつつも、ユースに移動バス
スゴイかわいいユースでガールズのテンションupてれちゃう

次の日からは、YりんとKをユースに残し、お1人さま行動決行GO!石林に行ってきたよ。


その名の通り、石が木みたいにいっぱいつらなってる奇景な場所楽しい世界には、中国とマレーシアとユーゴスラビアにあるらしい。一番広いのはユーゴので、世界遺産なんだけど、中に入ることはできないらしい。。悲しい

石林を観光し終って、辺りをウロウロしてみたよニョロ
この辺りはイ族が生活していて、こんな石ばっかりの大変な土地なのに、隙間を見つけて、耕して農業をしていたよ見る







次の日も、本当のイ族の生活が見たくて、イ族の青年のタクシーをチャーターして、色々連れていってもらったよ楽しい
もちろん最初は、そんなこと言う観光客はいないらしく、運ちゃんは、なんでそんなん見たいんだよって感じでウザがってたけど、徐々に心を開いてくれて、ここの大変な生活のこととかたくさん教えてくれたびっくり最終的にはかなり仲良くなり、帰りがけに、ウチの村も近くだから見てくか?とか言われ、彼の家を見たり、農業体験したり、イ族の子供と遊んだり、お土産に山盛りのひまわりの種もらったりしたよおはな

イ族の子供たち




よつばのクローバー農業体験


日本じゃ、それ普段着じゃないだろう。。って服を着てる子どもが、中国には結構いるわーい子は宝。。この村にもいたのでビックリてれちゃうカメラを向けると、恥ずかしそうにキャッ△辰鴇个辰ラッキー


家のキッチン。土間にあったよ見るこの辺りのイ族の家のキッチンはこんな感じ


ヤギを飼ってるおじいさん豚しぶぃっ


友達になった運ちゃん車ずっと、日本人の女の子って変わってる…って思ってたようw

最後、イ族の上の写真のお兄ちゃんにお金を渡そうとしたら、自分が仕事だったことをすっかり忘れてたみたいで…

イ族のお兄ちゃん:「いらないよっ」

ミー:「なんでよっ!いや、それはムリ!はいっ!」

イ:「ごめんね…×ァ

ミ:「なんであやまるのよっ、最初に決めたじゃん!ミーは楽しかったからいいのっ!ユーが運転手でよかったよぉぴかぴか

イ:「わかった…でも、もうコレで本当の友達だから、次遊びに来たときは本当にお金いらないよっ!もっと色々連れてってあげるからっグッド

いやぁ〜こんなこと言ってもらえてうれしい限りだったよぉてれちゃう


しかし、今回の旅行も本当にたくさんの事を勉強したなぁ地球
いろんな人との出会いとか、違う文化を体験できたりする!これだから、やっぱり旅はやめられないねっイヒヒ











tomone * 旅行 * 19:09 * comments(6) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:09 * - * -

コメント

いやー、何回きいてもいい話だねー。
こういう素敵なたびができるのもユーの人徳のなせる業かね。

レイソルも勝ってるしうらやましい。
Comment by 大連 @ 2006/06/14 7:35 PM
いや〜とんだ珍道中ですけどねw
サガントスには負けないですよぉ☆
Comment by トモネ @ 2006/06/14 7:52 PM
いいねぇ〜
山根っちもその運ちゃんも素敵だわ^^
旅してる!って感じで、うらやましい!
(まっ実際、旅してきたんだよね(笑)
読んでて楽しいかったよ☆
Comment by hara @ 2006/06/16 11:48 PM
>hara
なんか、タイの山岳民族行ってるときとか思い出すよねぇー
アレはほんとにウルルン滞在記だったよw
Comment by トモネ @ 2006/06/17 9:00 AM
ひさしぶり〜!ガナール代表?たじまっちょデス(笑)

ブログチェックしてくれて有難う(>▽<)ガナールのブログコメントでも返信したから要ちぇけら★

ここのブログ、全部読破しちゃったよ(しかも授業中)。ハプニングあり〜のだけど満喫してるねー!楽しそう&元気そうでよかった!写真盛りだくさんで楽しいブログだね★更新楽しみにしてま〜す♪
Comment by まっちょ@ガナール @ 2006/06/19 1:28 PM
>まっちょ
まっちょってうけるからぁ〜w
しかも授業中ってwさすが代表!
器用だね(v≧∀≦)-☆☆
Comment by トモネ @ 2006/06/19 2:27 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ